スキル一覧

エアロDFバウンド制御ギヤ相性
長距離ブレーキ減速パワーロス改善
スピードロス改善節電低スラスト:スピード
高スラスト:C安定小径タイヤ:パワー中径タイヤ:バランス
大径タイヤ:スピードタイヤ旋回タイヤ摩擦
低反発タイヤ高反発タイヤオフロード
ギヤ:バランスギヤ:パワーギヤ:スピード
ローラーの効きローラー減速スタビ減速
ウェーブ




エアロDF

空気がマシンが床を押し付ける力の効果。
コーナリングでのマシンの浮き上がりによる
コースアウトを防ぐことができるが、
空気抵抗も増えてしまい、最高速が伸びなくなってしまう。

[詳細数値]
高い:コースアウト防止効果が高い、最高速が高くなりにくい
低い:コースアウト防止効果が低い、最高速が高くなる

ギヤ相性(ギヤ負荷)

ギヤ同士の相性の状態。
改造することで負荷を減らせれば
モーターのスピードとパワーを遺憾なく発揮できるようになる。

[詳細数値]
高い:スピード・パワーが十分に伝えられず、遅くなる
低い:モーター性能を発揮できる

長距離(消費電流)

モーターの消費電力の値。
消費電力が高いとレース中の速度の低下が激しくなる。

[詳細数値]
高い:長いレースで速度低下が大きい
低い:長いレースで速度低下が小さい

ブレーキ軽減

ブレーキやスキッド付きステー等のパーツによる減速効果。
バンクやスロープでブレーキが床に接触することで減速し、
ジャンプでの飛びすぎを防げる。
コースと自分のマシンに合ったセッティングが重要。

[詳細数値]
高い:ブレーキ作動時に大きく減速する
低い:ブレーキ作動時にあまり減速しない

パワーロス改善

主にパワーがかかるパーツでの抵抗の状態。
改造することで負荷をへらせれば
モーターのパワーを遺憾なく発揮できるようになる。

[詳細数値]
高い:パワーを発揮しにくい
低い:パワーを発揮できる

ギヤ

タイヤ

ホイール

アクセサリー

スピードロス改善

主に回転するパーツでのスムーズさの状態。
改造することで負荷を減らせれば
モーターのスピードを遺憾なく発揮できるようになる。

[数値詳細]
高い:最高速が伸びにくい
低い:最高速を伸ばすことができる

タイヤ

ホイール

アクセサリー

節電

走行時の電池の減りを少なくする効果。
レースが長引くと電池が減ってきて、速度が低下するが、
節電効果があると、速度低下を抑えることができる。

[数値詳細]
高い:長いレースでも速度低下しにくくなる
低い:長いレースでも速度低下しやすい

低スラスト:スピード

シャーシにはフロントローラーが下向きに傾いて装着
されるように角度がついている。これをスラスト角という。
この角度が大きいほど、コーナリング時にローラーが
地面にマシンを押し付け、マシンの浮き上がりを防げる。

[数値詳細]
高い:コースアウト防止効果が高いが、コーナーで遅くなる
低い:コースアウト防止効果が低いが、コーナーで遅くならない

高スラスト:C安定

シャーシにはフロントローラーが下向きに傾いて装着
されるように角度がついている。これをスラスト角という。
この角度が大きいほど、コーナリング時にローラーが
地面にマシンを押し付け、マシンの浮き上がりを防げる。

[数値詳細]
高い:コースアウト防止効果が高いが、コーナーで遅くなる
低い:コースアウト防止効果が低いが、コーナーで遅くならない

小径タイヤ:パワー

タイヤ径の大きさ。
タイヤの径が大きくなると、1回転で進める距離が長くなり、
最高速が伸びる。しかしパワーが必要になってくる。

[数値詳細]
高い(大径):スピード重視、直線の多いコース向き
低い(小径):加速・パワー重視、コーナーが多いコース向き

中径タイヤ:バランス

タイヤ径の大きさ。
タイヤの径が大きくなると、1回転で進める距離が長くなり、
最高速が伸びる。しかしパワーが必要になってくる。

[数値詳細]
高い(大径):スピード重視、直線の多いコース向き
低い(小径):加速・パワー重視、コーナーが多いコース向き




大径タイヤ:スピード

タイヤ径の大きさ。
タイヤの径が大きくなると、1回転で進める距離が長くなり、
最高速が伸びる。しかしパワーが必要になってくる。

[数値詳細]
高い(大径):スピード重視、直線の多いコース向き
低い(小径):加速・パワー重視、コーナーが多いコース向き

タイヤ旋回

主にコーナリング時のタイヤ摩擦(グリップ)性能。
ミニ四駆はタイヤの向きが変わらないため、
コーナリング時にタイヤは摩擦が低く滑ったほうが早い。

[数値詳細]
高い:コーナー速度が遅くて不利
低い:コーナー速度が速くて有利

タイヤ摩擦

主に直進時のタイヤ摩擦(グリップ)性能。
高いと路面をしっかり捉え、滑らずに加速しやすくなる。

[数値詳細]
高い:加速が速く有利
低い:加速が遅く不利

低反発タイヤ

タイヤの素材や形状、厚みなどによる跳ねやすさの値。
ジャンプからの着地で跳ねてしまうと、姿勢を崩しやすく
コースアウトしやすくなってしまう。

[詳細数値]
高い:跳ねやすく、ジャンプ着地時に不利
低い:跳ねにくく、ジャンプ着地時に有利

高反発タイヤ

タイヤの素材や形状、厚みなどによる跳ねやすさの値。
ジャンプからの着地で跳ねてしまうと、姿勢を崩しやすく
コースアウトしやすくなってしまう。

[詳細数値]
高い:跳ねやすく、ジャンプ着地時に不利
低い:跳ねにくく、ジャンプ着地時に有利

オフロード

オフロードセッションでの減速を抑え込む効果。
芝や砂など荒れた路面でも力強く走ることができる。

[数値詳細]
高い:あまり加減せずに走れるようになる
低い:少しだけ加減を少なくできる

ギヤ:バランス

モーターのスピードとパワーをタイヤに伝えるときに、
ギヤの比率によって分配を変えることができる。
例えば5:1ギヤの場合はモーターが5回転すると、
タイヤが1回転する。

[詳細数値]
高い:高いパワーで登り坂等で有利、最高速は延びなくなる
低い:最高速が伸びるが、その分登り坂でパワー不足になる

ギヤ:パワー

モーターのスピードとパワーをタイヤに伝えるときに、
ギヤの比率によって分配を変えることができる。
例えば5:1ギヤの場合はモーターが5回転すると、
タイヤが1回転する。

[詳細数値]
高い:高いパワーで登り坂等で有利、最高速は延びなくなる
低い:最高速が伸びるが、その分登り坂でパワー不足になる

ギヤ:スピード

モーターのスピードとパワーをタイヤに伝えるときに、
ギヤの比率によって分配を変えることができる。
例えば5:1ギヤの場合はモーターが5回転すると、
タイヤが1回転する。

[詳細数値]
高い:高いパワーで登り坂等で有利、最高速は伸びなくなる
低い:最高速が伸びるが、その分登り坂でパワー不足になる

ローラーの効き(ローラー摩擦)

ローラーが壁にあたったとき、壁とローラーとの摩擦による
コースアウトを防ぐ効果の高さ。
ゴム>アルミ>プラ>低摩擦プラ
←高い          低い→

[数値詳細]
高い:コースアウトを防ぎやすいが、遅くなる
低い:コースアウトを防ぎにくいが、遅くなりにくい

ローラー減速(ローラー抵抗)

ローラーが壁にあたったときに減速する効果。
基本的に減速が少ないほうがコーナリングを速くできる。
ベアリングのついたローラーが有利

[詳細数値]
高い:コーナリングで遅くなりやすい
低い:コーナリングで遅くなりにくい

スタビ減速

マシンが傾くとスタビライザーが効く。
そのときに減速する効果。
遅くなることによってコースアウトを防ぎやすくなる。

[詳細数値]
高い:大きく減速するが、その分コースアウトを防げる
低い:あまり加減せず、コースアウトを防ぐ効果は少なくなる

ウェーブ

ウェーブセクションでの減速を抑え込む効果。
急な左右の揺さぶりでもスムーズに対応できる。

[詳細数値]
高い:あまり減速せずに走れるようになる
低い:少しだけ減速を少なくできる